専業主婦の借入→審査通過ポイントとは?

専業主婦が借り入れする場合でも、審査で見られるポイントは基本的には普通と変わりません。
審査を行う保証会社が重視するのは、利用者の返済能力です。
無理なく返済を行えるだけの経済力すなわち年収が確保されているのかどうかが、審査の可否を大きく左右します。
消費者金融などでは原則として無収入の人には貸付を行いませんが、専業主婦は本人に収入がなくても配偶者が安定した収入を得ているという条件のもと、総量規制対象外である銀行からなら融資を受けられる可能性があります。
配偶者の年収がポイントとなると、何か書類が必要になるのでしょうか?

実は専業主婦向けの銀行カードローンなら、収入証明書も配偶者の同意書も一切不要で申し込みできるんです。
申込審査から契約までの過程で提出が必要になるのは、本人確認書類の写しだけです。
本人確認書類には運転免許証や健康保険証が利用できますから、急にカードローンを利用しようと思い立っても十分に対応できますね。

このような背景から夫や家族にも内緒で手続きしやすいという理由で申し込む主婦の方も多いんです。
夫の職場に在籍確認の電話が入ることは基本的にはありませんが、心配な場合は事前に担当者に問合せをしてみると安心です。
周囲に知られずに借りたいという状況を説明すれば、きちんと配慮して対応してもらえます。
書類とあわせて注意したいのが、個人信用情報についてです。
審査では申込者本人に対して個人信用情報の照会が行われます。
もし金融事故やブラックリストの情報が明らかになれば、審査に通る可能性は極めて低くなります。

またすでに他社からの借金があったり、同時期に複数のカードローン会社に申込を行っている場合も審査に不利になる可能性があります。
以上の点をよく踏まえておけば、余計な心配をせずに審査にのぞむことができます。
申込はネットから簡単に行え、条件次第では最短で当日の融資も可能です。
さまざまなメリットを理解して賢くキャッシングを活用しましょう。