在籍確認の電話はどこにかかってくるの?

借入を家族に知られたくない専業主婦の方は、本人確認の連絡があるかどうかを心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、専業主婦がカードローンを申し込む場合の在籍確認についてご紹介します。

在籍確認とは

在籍確認とは、カードローンを申し込む際に申告した住所に本当に住んでいるのか確認するために金融機関から自宅や勤務先の固定電話にかかってくる電話のことです。
審査の過程で、間違いなく申込者が在籍しているかを本人確認するのが目的です。
必ずしもかかってくるわけではなく、金融機関が必要とした場合にかかってきます。
以下で詳しくみていきましょう。

アルバイトやパート勤務などの人が申し込めるカードローンでは、年収に応じた返済能力によって利用額が決まるため勤め先の在籍情報が重要になり「在籍確認」が行われます。
目的は、本当に申請書に記入した会社に勤めているかを確認することです。
一方、専業主婦の場合、年収がなくても借りられる金額での融資となり、契約も申し込みした本人と金融機関の間に交わされます。
勤務先がそもそもありませんので、勤務先への在籍確認はありません。

在籍確認はどのように行われるか

業者名でかかってくる場合と、個人名でかかってくる場合があります。
個人名でかかってくる場合とは、「山田と申しますが○○さんいらっしゃいますか」というように、業者の名前は伏せられています。
これは、本人以外の第三者が電話口に出た場合、業者名から借金を利用することがバレることを防ぐためです。
プライバシーへの配慮があるかどうかも、申請時に確認しておくと安心です。

では、どのようなことを聞かれるのでしょうか。
通常は生年月日と名前が質問され、本人確認後は申し込み意志や申請内容について間違いないか確認されます。
慌てずに、落ち着いて受け答えをしましょう。
所要時間は1~2分程度です。
在籍確認は多くの場合、書類審査の最終段階で行われます。
そのため在籍確認が行われるということは、書類審査である程度は審査通過の可能性があるということです。
どうしても電話をかけてほしくない場合は、申し込み時に窓口でその旨相談してみましょう。