カードローンの返済方法の種類とは

キャッシングで借り入れしたお金は返済期日までに返す必要がありますがその方法についていくつか種類があります。

ここでは、ネットバンキング、自動引き落とし、ATM返済、銀行振込の4種類の返済方法についてご紹介します。

ネットバンキング

キャッシングの返済方法でよく選ばれるのはインターネットバンキングを
利用して指定の口座へ送金する方法です。
ネットバンキングのメリットは、
パソコン・スマートフォン・アプリや携帯電話のWEBサイトからログインして返済が可能なことです。
しかも振込手数料は無料です。

自動引き落とし

毎月、口座から自動的に返済する方法です。
提携している銀行で普通預金口座を持っている場合に限ります。
返済日に遅れるデメリットがないので忙しい専業主婦におすすめです。

ATM返済

自動契約機や提携銀行、コンビニATMなどで返済する方法です。
従来からある返済方法で、利用者は比較的多いです。
銀行やコンビニに行った際にATM画面を見ながら返済手続きができるのでカードローンを利用していることが傍目には分かりにくいのが特徴です。
カードローン会社が定める返済期日までに
返済金額を入金します。
利用明細はその場で発行されます。
提携している銀行やコンビニATMであれば利用手数料は不要です。

銀行振込

カードローン口座への振込で返済する方法です。
申込者ごとに返済専用の口座があり、そこへ振込みます。
銀行振り込み手数料は利用者が負担するケースが多いです。

返済方式(リボルビング方式)

クレジットカードやローンの返済方法の1つで、利用額を問わず毎月一定額を返済する方法です。
通称「リボ払い」とも呼ばれ、いくつか種類があります。
その中の1つ「残高スライド元利定額リボルビング方式」について見てみましょう。
「元利」とは毎月の返済額に利息が含まれることを意味します。
また「定額」なので毎月の返済額は金額で指定します。
「残高スライド」なので毎月の返済額が利用残高に合わせてスライドしていく仕組みのことです。
利用残高により毎月の返済額は変動します。